すずらんのこと(その2)

すずらんを始めて、いろんな相談を持った方が来られるようになりました。

幅は広がったのですが、相談場面でちょっと困ることがおきました。

すずらんは2DKで片方の部屋が面談室、もう片方を事務室として使っていましたが、壁があったので行き来がかなり面倒だったのです。たかが壁一枚の隣部屋ですが、その数分がもどかしくてしょうがありませんでした。そして、当然家なので土足禁止です。そこでも一手間かかってしまいます。

あと市役所からは近いのですが、駅からはやはり遠い。

そんなことがあり、1年経った頃には「駅に近いところに移ろう。できれば事務所がいい」と考えるようになり、物件探しを始めました。そこで見つかったのが今のすずらんの場所です。

1階が広く、事務所として活用するのは十分ですし、2階も3部屋あって広く色んな使い方ができるのではと思いました。今は法人事務室・法人会議の場、そして日中一時支援事業などで使っています。

移転して、また少しずつ相談される方が増えてきました。

そうなると、また新たな困りごとが起こるようになってきました。

今度は物理的な問題ではなく、支援方法の問題です。

社会福祉法人彩凜会~Let it be,Let it go~

埼玉県吉川市にある社会福祉法人彩凜会(さいりんかい)です。 平成30年4月より障がい福祉総合支援センター「なまずの里」を開所するため、現在鋭意準備中です。 特定非営利活動法人なまずの里福祉会では現在複数の障害福祉サービスの運営を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000